調理員、調理師の悩みの種の手荒れ、解決できるのはハンドクリーム?

痛い手荒れ

 

衛生面に気を遣うお仕事をしていると、職業柄、頻繁に手洗いが必須になります。

 

調理関係のお仕事をしている人や美容師、看護師といったお仕事は念入りな手洗いは必須です。

 

 

特に給食調理員のような、水仕事が多い調理関係の方は大変ですよね。

 

1日に何十回も手を洗うだけではなく、強い洗剤の影響も受けます。

 

 

調理員や調理師の人にとって手荒れは衛生面から考えると避けなければいけないけれど、なかなか良いハンドクリームに出会えず悩んでいませんか

 

今回は調理関係の人のように、水仕事が多い人でも効果の高いハンドケアを教えます。

 

ハンドクリームのこんなところが困りませんか?

手荒れが気になる時に利用するのがハンドクリーム。

 

一家に一個はある定番アイテムって感じですが、こんなところがちょっと困るという経験ありませんか?

 

ベタつきが気になる

ハンドクリームを使う際の悩みで、多くの人が経験しているのがつけた後のべたつき

 

べたつき感はしばらく続くし、そのせいですぐに次の事をしたいのに出来ないことも多いですよね。

 

スマホやキーボードを触ると跡がついて嫌な気持ちになったりしますし、また、手袋をして作業しようにも、べたつくために手袋の着脱がしにくくなります

 

 

そしてなにより、調理員や調理師といった仕事柄、食品にハンドクリームがつくのは衛生的にも問題が出てきますよね。

 

ハンドクリームの大きなネックが、つけた後の行動に支障が出る事が多い点です。

 

効果がいまいち

一般的に定番とされている市販のハンドクリームというとオロナインやニベア、アトリックス、ユースキンなどでしょうか?

 

これらのハンドクリームはそれなりにケアしてくれはするものの、効果が弱いなと感じる事もあります。

 

 

表面部分の保湿は頑張ってくれているんでしょうけど、これまでに蓄積している肌のダメージがあるんでしょうね。

 

べたべた感が収まったかなと思ったら、今度はもう手が乾燥している?という感覚になることも。

 

 

特にハンドクリームは、水仕事をすると流れてしまい効果がリセットされてしまい、結局はガサガサになることも。

 

どちらかというとハンドクリームは一時しのぎという感じで使うようになっている人も多いのでは?

そもそも、「手荒れにはハンドクリーム」という発想が間違っていた!?

手のスキンケアといえばハンドクリームという定番の考えがあるので、何も考えずすぐハンドクリームを使っていた。

 

あなあもそうではありませんか?

 

 

でも、よくよく考えてみたらハンドクリームの使用に関しては向き、不向きがあるので、あなたの今のその手や今のお仕事には合っていないのかもしれません。

 

ハンドクリームは油でガードする感覚

ハンドクリームの使用感でよくある「べたつき」。

 

これはハンドクリームの成分の多くが油脂だから起きる現象です。

 

 

ハンドクリームを塗ると言うことは、表皮部分に油脂成分でバリアをしているような感じです。

 

肌表面のバリアもたしかに大切ではあるのですが、手荒れによって起こる乾燥はもっと内側が原因のことが多いです。

 

 

すると、表面は保護できていたとしても、ガードされている分、内部に保湿など届けたい成分がうまく届かない状態になり、かえって内部が乾燥してしまうことも。

 

 

顔のスキンケアで考えると、化粧水などお肌に潤いを与えてから美容液などを使って、美容成分を届けてクリームでふたをするといった保湿ケアをしますよね。

 

でも、ハンドケアの場合、ハンドクリームのみといった表皮部分のみのケアになるので、肌の内側に潤いを与えるケアが足りていないと思いませんか?

 

よく冬の乾燥が強い時期の手は潤いがなく、むしろ乾燥している感覚があるのに手の表面だけはべたべた、ハンドクリームを浸かっているとそんな感覚になりませんか?

 

ハンドクリームだと、いわゆるインナードライ肌の状態になっているのかもしれません。

 

爪の間にクリームが入り込んで残りやすい

クリームを使ってケアをする際、爪の間にクリームが入り込んでしまうといった経験をした人も多いのではないでしょうか。

 

見た目にも不快に感じますし、爪の間に入ったクリーム成分が長時間、同じ場所にとどまってしまう事で雑菌が発生しやすくなるなど、衛生面でも良くない問題が出てきます。

 

特に衛生面を気にしたい調理員などの調理関係の人には、爪の間の汚れはとても困りますよね。

 

調理、水仕事が多い人にハンドクリームはおすすめできない

ハンドクリームをこまめに塗ってケアするというベタな方法を、ずっと実践してきていいる人も多いと思います。

 

でも、ここまで紹介したデメリットを経験している人は結構おおいでしょう 。

 

塗った後に他のものにべたべたついてしまう、水仕事をするとすぐ落ちてしまう、こまめに塗ってもいまいち効果を感じない、爪の間に入って困る・・・などなど。

 

 

つまり、調理関係の人の作業時のハンドクリームケアはおすすめできないというのが本当のところなのです。

 

 

もしハンドクリームでのケアを行うなら、寝る前につけるなど長時間ケアをする際につける方が向いています

こまめなハンドケアは速乾性&ローションタイプの「ハンド美容液」がおすすめ!

「じゃあ、日常のこまめなケアに向いているのはどんなアイテム?」と思いますよね。

 

実は日常のハンドケアにおすすめなのは速乾性のあるローションタイプハンド美容液です。

 

速乾性のあるローションタイプハンド美容液の方がなぜ良いのか?を見ていきましょう。

 

速乾性だから邪魔にならない!

速乾性があるローションによるハンドケアはオイルフリータイプのものが多く、肌につけた後にべたつかないという特徴があります。

 

速乾性なので作業の合間にさっと塗ることができて、その後の作業時にべたつくという不快感もありません。キーボードやスマホ、タブレットにすぐに触る事もできますし、食品にも触る事ができる、手袋もスムーズに装着することができます。

 

ハンドケアで意識しておきたい「こまめに塗ってケアをする」といった言葉がありますが、速乾性のあるローションはこまめに塗りやすいし使いやすいので、しっかりとハンドケアすることができます。

 

クリームより内部のケアがしやすい

ハンドクリームは表面のケアはしやすいけど、かえって内側へのケアに邪魔になることがあることは伝えましたよね。

 

その点美容液ローションだと、ハンドケアに適している美容成分がしっかりと入っていますし、肌の内側に浸透しやすい保湿成分も含まれています(浸透は角質層まで)。

 

 

やはり手荒れによる乾燥は内側のケアが欠かせません。

 

肌の内側に美容成分、保湿成分をしっかりと浸透させるケアを続けていくうちに、肌の内側から潤う肌作りにもつながっていきますので、根本的な部分からの手荒れの悩み解消が期待できますし、長年悩んでいた手のインナードライといった不快感の悩みも解消できる可能性があります。

 

使い続けていくうちに肌の内側から手のガサガサ感、ささくれなどの改善も期待できますよ。

おすすめのハンド美容液はリビッテ

速乾性のあるローションタイプのハンド美容液が良いことが分かっても、色々なハンド美容液があって良いものを探すのは一苦労ですよね。

 

どれを選んだらよいのか?と分からない場合はリビッテがおすすめですよ!

 

リビッテの詳細はこちら
↓↓↓
REVIETTE(リビッテ)

 

オイルフリーでベタつかない

リビッテはオイルフリーで速乾性があるので、表面はサラサラで肌の内側には潤いを与えるといった理想のケアができます。

 

リビッテでケアした後にすぐにスマホやキーボードなどを触ったり、食品を触ってもべたつきの心配はいりません。

 

美容成分がしっかり入っている

リビッテには天然アルカリ温泉水に含まれている温泉ミネラル成分をはじめとして、3種類のオーガニックエキス、7種類の植物エキスを配合しています。

 

保湿効果、美容効果が高い100%美容成分で作られているので、しっかりと手に必要なスキンケアをすることができます。

 

保湿力、浸透力が良い

リビッテは日本三大名泉の一つともいわれている「七栗の湯」の温泉水を使用。

 

 

温泉に入った後はお肌がしっとりつやつやになりますよね。

 

温泉水は分子構造も細かく、お肌への浸透力も良いという特徴は知られています。

 

温泉水の浸透力の良さを生かして、美容液成分をお肌の奥に届けることをしっかりとサポートしてくれます。

 

 

また、温泉水の成分は皮脂をなじませる働きがあります。

 

皮脂と混ざりあう事でお肌の表面が温泉パックのような状態になり、お肌の水分放出を防いでくれるといった保湿メリットもあるのです。

 

 

手に塗ったとたん、手にスーッと浸透してしっとり保湿感があるのにサラサラ。

 

美人の温泉水100%の温泉効果をリビッテで実感してみてください。

 

添加物フリーだから気兼ねなく使える

リビッテをおすすめする大きな理由の一つが添加物フリーという点。

 

以下の8つの添加物フリー処方で作られています。

 

  • 無香料
  • 無着色
  • 界面活性剤不使用
  • 鉱物油不使用
  • アルコールフリー
  • パラベンフリー
  • シリコンフリー
  • 紫外線吸収剤フリー

 

水仕事が多い職業や、衛生面に気を遣うお仕事をしている調理員、調理師、美容師、看護師といったお仕事をしている人だと、添加物フリーは大事なポイントではないでしょうか?

 

特に調理員、調理師の方の場合、食品を触るという手前、ハンドクリーム成分が気になって使えなかったという人もいると思います。

 

リビッテは無添加処方、そして美容成分も天然植物エキスで作られているので、調理関連のお仕事をしている人にとっても安心して使えますね。

 

 

もちろん敏感肌など、お肌への刺激に対する心配がある人でも、安心して使うことができますよ。

 

しっとりとさっぱりの2種類

リビッテはしっとりとさっぱりの2種類があり、どっちがいいの?と迷うかもしれません。

 

実際は使用した時のテクスチャの違いだけで、潤い感は同じです。

 

ですので好みで選ぶか、夏はさっぱり、冬はしっとりといった具合に季節に合わせて選ぶというのもおすすめです。

 

便利なプッシュボトルに注目

使いたい時にわざわざキャップを外してつけるという方法ではなくプッシュボトルタイプだから、使いたい時にさっと使えて、キャップを開ける手間も省けるので衛生的にも良いです。

 

リビッテの口コミ

リビッテを使ってみた人はどう評価しているのでしょうか?
口コミをご紹介します。

 

この投稿をInstagramで見る

オイルフリーの? ベタつかないハンド美容液revitte? @medical_tp200 温泉水を100%そのまま使ってるんです?? ? ? 高保湿なのにベタつかず、? つけた瞬間 サラッとしてるのに? しっかり保湿されてる????? ? ハンドクリームは? ベトベトするもの多くて? バッグやスマホに付くのが? 気になってたけど? これなら何も汚れません??? ? ? 完全無添加・防腐剤も不使用が嬉しい?? ? 香りもとっても癒される??? ? ぜひぜひ、新感覚のハンド美容液『revitte』で検索してね?? ? #revitte? #日本メディカル研究所? #榊原温泉水? #ハンド美容液? #美容液#oilfree#ハンドケア? #リビッテ #美容成分 ? #高保湿#無添加#防腐剤不使用 #低刺激 #オイルフリー

Megakumi?(@gakmeg.u)がシェアした投稿 -

 

やっぱりさらっとした使用感なのにしっとり潤うという点が評価されています。
ハンドクリームとは違うんですね!

 

この投稿をInstagramで見る

この時期すごく手の乾燥も 気になる( ¨? )?? @medical_tp200 さんで とっても可愛くてオシャレな 美容液見つけたよ? ?? ? . . ベタつかないハンド美容液revitte . ほんと全然ベタつかなくて付けた瞬間から すぐに潤う???\??/ 香りもめっちゃいいし とってもお気に入り????? やっぱ保湿大事だ! 私は手にも腕にもお風呂上がり塗ります?? . . #revitte #リビッテ #日本メディカル研究所 #ハンド美容液 #ハンドケア #美容液#美容 #美容好きな人と繋がりたい #スキンケア#pr #美容マニア #美容マニアと繋がりたい #おすすめ #美容垢 #hand #care

???? ??(@mami_13_r)がシェアした投稿 -

 

使用感の良さだけでなく、見た目にもかわいくておしゃれ!と評価されています。

 

この投稿をInstagramで見る

オイルフリーでベタつかない、新感覚ハンド美容液revitte @medical_tp200 ? ? 日本三代美人の湯の一つ??「七栗の湯」?三重県津市の榊原温泉水を100%使用したハンド美容液なの??????? ? ? ? 高保湿なのにベタつかず、サラッとしてるのに? しっかり保湿してくれる、まさにハンド美容液?? ? ハンドクリームはつけてすぐはベタベタするものが多くて、お洋服やスマホにペタッと付く感じが気になってたんだけど、? これならつけてすぐにスマホに触っても大丈夫???♀??? ? ? ? こんなにオシャレなパッケージなのに、完全無添加・防腐剤も不使用なのもポイント高い???? ? ? ? 《revitte》で検索してね??? ? ? #revitte#日本メディカル研究所? #榊原温泉水#ハンド美容液? #美容液#ハンドケア? #リビッテ #美容成分#PR? #高保湿#無添加#防腐剤不使用? #低刺激 #オイルフリー? #アラサー美容#手荒れ? #ベタつかないハンドクリーム? #パケ買い#エイジングケア #置き画くら部 #flatlay

星読みフ?リンセス ??????様(@eri.princessmind)がシェアした投稿 -

 

こちらでも使用感の良さとおしゃれな見た目で評価されています。

 

 

皆さん共通しているのはさっぱりした使用感、そしてべたつかない

 

これまでにクリームのべたべた感でみんな悩んでいたんだなーというのがなんか伝わってきました。

 

クリームとは全然違う!という意見は一致しています。

 

公式サイトならおトクに買えるプランがありますよ
↓↓↓

さらにプラスの対策で手荒れを改善

リビッテを使ってハンドケアをしていけば徐々に手の乾燥、手荒れも内側から改善していけそうですね。

 

とはいっても「これさえあれば大丈夫!」と安心してはいけません。

 

日頃からリビッテでケアをしていくのと一緒に実践できるその他の対策をご紹介していきます。

 

作業する前に手袋を使う

水仕事をする時に、手袋を使うようになるだけでかなり手荒れや手の乾燥は改善されます。

 

 

「手袋は面倒」と思うかもしれませんが、手荒れを防ぐ対策の一つとして仕事以外での手洗いを減らす方法があります。

 

でも、時期的な都合で感染症対策を行う場合はこまめな手洗いは必須になりますよね。

 

そんな時でも手袋は有利になります。

 

手袋を利用する事で手洗いによる手荒れも軽減する事につながります。

 

 

水仕事前に使うゴム手袋はラテックスアレルギーの人だとかぶれや湿疹が出てしまう可能性もありますので、内側に布製の手袋をしてから使うと良いです。

 

手をお湯になるべくつけない

自宅の水仕事の際に冬はお湯を使ってしまいがち。

 

でも、お湯は肌に必要となる皮脂も流してしまいうため、肌荒れを起こしやすくなります。

 

お湯を使った水仕事は避けるようにして、お風呂もあまり高い温度のお湯に浸からないように意識してみましょう。

 

食洗機は強い味方!

食洗器の導入で手洗いによる手荒れリスクは大幅に減らせます。

 

洗っている間に別の家事もできるので、導入を検討してみてもいいですね。

 

コラーゲンを摂る

肌のケアは外側からのケアだけしかしていないという人も多いですが、内側からもケアしてみてください。

 

コラーゲンは元々肌の奥にあり、お肌のハリツヤを保ってくれていますが、年齢と共に減りつつあります。

 

コラーゲン減少による肌の乾燥というのも一理ありますので、足りない分を補うつもりで摂取してみてはいかがでしょうか?

 

フィッシュコラーゲンやペプチドタイプのコラーゲンは吸収率が良いのでおすすめです。

 

洗濯をたたむ時も手袋を

洗濯をたたむときに手袋をして手のお肌を守りましょう。

 

意外かもしれませんが、ガサガサに乾燥した衣類を触る事による肌のダメージも結構あるのです。

 

手荒れ軽減成分の入った消毒剤を使う

手荒れを防ぐには手洗い、消毒の回数を減らしたい、でも、季節柄感染症のリスクがある場合は手洗いと消毒は優先的に行う必要があります。

 

そこで手荒れ対策を考慮した消毒アイテムとして手荒れ軽減成分の入った消毒剤を使う事をおすすめします。

 

湿潤剤を配合しているヒビスコールなどがありますので、上手に取り入れてみてください。

 

 

これらの対策も併せて行う事でより手荒れ対策ができます。

 

ちょっと意識するだけでリビッテの使用との良い相乗効果が期待できるかもしれません!

 

「これならできそう!」と思うものからまずは実践してみて、手荒れを軽減させましょう。

まずは試して効果を実感してみましょう!
↓↓↓

ページの先頭へ戻る